LinguaLibre

About/ja

This page is a translated version of the page LinguaLibre:About and the translation is 91% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎norsk bokmål • ‎occitan • ‎polski • ‎svenska • ‎日本語

Lingua Libre はウィキメディア・フランスとの共同プロジェクトで、次の目的のために自由なライセンスの共同作業による他言語視聴覚コーパスを構築しようとするものです:

  • ウィキメディア・プロジェクトや外部のウェブサイト上で、視聴覚的な方法で、言語や言語に関する知識を広げること
  • オンライン情報にアクセスするコミュニティ(とりわけ恵まれていない、少数派、地域言語、口承言語、手話言語のコミュニティ)を支援し、これらのコミュニティの言語の活力を確保するために、オンライン言語コミュニティの発展を支援すること

Lingua libre illustration - interface.svg

Lingua Libre上に既にある 500人のメンバー400,000件の録音に参加しよう

Music-technology-guitar-microphone-studio-amplifier-846852-pxhere (cropped).jpg

参加方法

あなたは録音を探したり再利用したりしてLingua Libre を利用したり、単語を録音してコーパスに貢献したり、コミュニティと相談しながらウェブサイト自体を改善したりすることができます。

録音ウィザードタブではコンピュータやスマートフォンを使って、ウィキメディア・コモンズ上で記録しカテゴライズして公開することになる、短い音声の録音(1単語、1フレーズ)ができます。そのためには、 you will need to ログインするかユーザーアカウントを新規作成してください。利用ガイドはヘルプのページにあります。

ウェブサイトのページを変更する場合は、単純にログインして「変更」をクリックします。ページを追加する場合は、手順は2段階になります: 検索エンジン欄で作成したいページのタイトルに"LinguaLibre:"という接頭辞を付けて入力します。そのページを新規作成するかどうか尋ねるメッセージが表示されます。どのような変更であれ、事前にコミュニティに相談してください。

コミュニティとの交流

改善できることがあれば気軽にチームに連絡してください。そのために、チャットルーム、メーリングリスト、あるいはDiscordで議論が行われています。

なぜ参加するのか?

Lingua Libre はウィキメディア・プロジェクトとウェブ上での観察の結果、全般的に次のようなものが欠けていることから始まりました:

  • 多様性の欠如: ウェブは理論的には万人に開かれたものですが、そのコンテンツはあらゆる言語を均等に表わしているという状況からは程遠い状態です。50%以上のウェブサイトは英語です。世界中の7000以上の言語のうち301が自由な百科事典を持っていますが[1]、英語版ウィキペディアのような、より恵まれた言語に比べると質量ともにはるかに劣るコンテンツしかありません [1],[2] 。さらに、これらのウェブサイトでは、欧米の基準やニーズを広く反映し、書かれた文字という媒体で満たすコンテンツをホストしており、これが言語的な多様性の欠如を説明し、永続させる一助となっています。
  • 口承の欠如: 言語は基本的に話し言葉であるにもかかわらず(書き言葉があるのは世界の7,000言語のうち4,000言語だけ)[4]、新しい情報通信技術(NICT)を介した知識の共有やコミュニケーションは、豊富なマルチメディア形式が使えるにもかかわらず、特にウェブ上では筆記で行われています。このような書き言葉による口承の仲介は、ユニコード文字の使用、書き言葉の文化、言語の正書法の標準化、コミュニティの識字率といった、貢献すべき多くの障壁を引き起こしています。
  • こうした多様性や口承の欠如は、インターネットユーザーが様々なウェブのプラットフォームに対してコミュニケーションやオンラインで貢献する能力を制限しているため、コンテンツや言語を共有するコミュニティを見つけることができません。これらの欠如は話し言葉や手話で話される地域の少数言語の中でも特に恵まれない言語を脅やかし、その多くは現在絶滅の危機に瀕しており、ウェブ上での包摂が大きな課題であり機会でもあります。
  • 実際のところ、現存する7000の言語のうち、次の世紀まで生き残れるのは2500の言語だけであり、さらにはその活力を産み出すのになお不可欠な要因であるデジタル化が進む(つまりウェブ上で快適に過ごすネイティブスピーカーによってデジタル空間でコミュニケーションのためによく使われる)のは250の言語(5%未満!)に過ぎないと推定されています[5]。保存すべき言語のデータ、リソース、コンテンツをオンラインで文書化して共有しようとする言語学者や活動家の現在の取り組みは、インターネット利用者のデジタルが優勢な言語コミュニティの発展に直接貢献するものではなく、その影響力は限定的なものにとどまっています。
  • Lingua Libre は、このような支援の不足を補うために、デジタル空間に自分たちの言語を入れ込み宣伝したいと考えている言語コミュニティのために、書き言葉の代替となるコミュニケーション手段を探すことで、増え続ける言語内でのオンラインコミュニケーションを自由にすることを願っています。この目的は、その性質上、話し言葉や手話があまり発達していない地域の少数民族の言語だけでなく、話し言葉や視覚的な側面を強調したいと考えているさらに発達した言語にとっても有利になります。Lingua Libreはその使命を果たすために、フリーなライセンスの下で、共同作業による多言語視聴覚コーパスの出版につながる大量録音のためのオンラインソリューションを提供しています。その職業はコンサルテーションを通じた情報であり、Lingua Libre内外の新しい言語コミュニティの貢献のきっかけとなることによる活性化です。

パートナー